アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

人工妊娠中絶・避妊について

避妊は男女がお互いで協力してするべきこと

投稿日:2017年5月22日 更新日:

お互いの協力が避妊には大切
お互い深く愛し合っているカップルであればある程、性行為も愛のコミュニケーションとして存在します。一方で、最近は純粋に性行為自体を楽しむカップルもいます。しかし、この時に必ず意識しておかなければならないことがあります。それは避妊です。

お互いの協力があることが理想

性行為をする時には、結婚して子供を授かる予定がない限りは、避妊をきちんとして行なうことが普通です。大抵の場合は、男性がコンドームを装着してすることが多いのではないかと思います。とても手軽に、そして確実に避妊ができるからです。その避妊の確率はかなり高くて、ほぼ100%だと思っている人もいるのではないでしょうか。

実際のコンドームの避妊率は90%~80%程度だと言われています。それが高いか低いかは感じ方は人それぞれだと思いますが、子どもを望んでいない人からするとその確率は少しでも低い方がいいですよね。その為、最低限コンドームをすることは必要になってきます。そのためには男性の協力が必要です。

これこそお互いの理解があってこそと言えます。しかし、中にはコンドームを嫌がる男性も少なくありません。コンドームのゴム臭を嫌う人もいれば、性行為中にゴムを装着する面倒さもある、感度自体が落ちてしまうなどという考えによるものです。
最近は超極薄のコンドームが発売されるようになってから、かなり使う男性も増えているものの、やはりこだわりなのか、嫌がる人はどんなに工夫されたコンドームでも敬遠してしまいます。

ピルを利用する女性

男性が協力をしてくれない場合、ピルを利用することが出てます。お互いの理解が難しいカップルの場合に、女性がピルを飲んで避妊に備えるのです。ピルは、とても高い避妊率を誇っており、これもコンドームと同じように100%近くを誇っています。

ピルだとお互いの協力が無くても、女性側だけの思いやフォローで妊娠を防ぐことができるので、男性にとっては、より快適な行為に専念できるというものです。

他の効果を期待されて使われるピル

生理不順の人に低用量ピルは良い
ピルは昔から、避妊薬というイメージが強かったのですが、最近はどちらかというと、生理不順や痛みを軽くさせるための鎮痛剤として服用されることが増えています。通常ピルと呼ばれるものの多くは、低用量ピルを指しています。
その低用量ピルは毎日飲むことで生理痛軽減、生理不順の改善に効果が期待できます。そして飲み続けることで、99%という高い避妊効果を得ることもできます。

避妊薬としてのピルは低用量ピルもアフターピルも正しい処方とともに正しい服用法ができてこそ、効果があるものです。女性ホルモンを含む薬なので、ホルモンバランスを変化させることから「服作用が激しい薬」とマイナスイメージがつきまとっていたのです。
しかし、今では以前に比べて副作用を抑える改良が加えられているので気軽に使いやすい薬になっています。

低用量ピルのデメリット

そんな低用量ピルにも残念なことあります。避妊効果を得るためには、毎日の服用が必要であるということです。
性行為前に飲むだけでは効果がありません。しかも抑えられているとはいっても副作用として、血栓症の恐れもありますので、心配な部分も残されます。

アフターピルを選択すること

このように低用量ピルにも不安があったり、お互いの協力が難しい場合に出てくる避妊法がアフターピルなのです。アフターピルは、性行為後に飲むことで避妊するものです。しかも低用量ピルのように毎日飲むことが要らないので、緊急で避妊したいと思った時に飲むことができるのです。とても便利で理想的な避妊薬のような印象を受けるのですが、正しい理解で服用する必要があります。

アフターピルの仕組みを理解

アフターピルの特徴を知る
アフターピルは、子宮に受精卵が着床する前に、強制的に生理を起こさせる薬です。そのために事前に定期的に飲む必要が無いのです。低用量ピルとは全く仕組みが違っています。そして、アフターピルにも注意しなければならないことがあります。

それは、低用量ピルに比べて体内のホルモンを急激に増加させるのでホルモンバランスの急な変化により、副作用が強くあらわれやすいということです。ただ、副作用の原因とも言われるエストロゲンでは無い、プロゲステロンというホルモンが有効成分として含まれているので、全く副作用があらわれない人もいます。

規定時間内の服用が必要

アフターピルは、性行為後に最低でも72時間以内に飲まないと効果がありません。理想的には24時間以内の服用が必要です。そうでなければ避妊率が低くなるからです。72時間だと避妊率は、7割程度まで落ちてきます。24時間以内であれば95%とコンドームよりも高い避妊効果を得ることができます。

コンドーム、低容量ピル、アフターピルそれぞれの長所と短所を知る

それぞれの避妊法を知る
このように一見良さそうに思えるアフターピルにも、リスクが全く無いわけではありません。したがって、コンドームや低容量ピルも含めて、それぞれの特徴を知っておくことが必要です。コンドームは、手軽さや避妊率が高いため便利な反面、男性の理解も必要です。

ピルでも低容量ピルならば、毎日の服用がなので、煩わしいとおもえることでしょう。
しかしアフターピルは「急激にホルモンバランスを変化をさせる」という身体への負担が大きいことから、あくまで避妊が失敗した時の最後の手段として利用することが、正しい使い方かもしれません。

また薬である以上、低用量ピルとアフターピルのどちらも服用をオススメ出来ない人もいます。そのため、何か気になる持病があったり症状がある場合には一度、病院を受診してピルの服用は問題が無いか確認しましょう。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-人工妊娠中絶・避妊について

Copyright© アイピル通販クリニック , 2017 AllRights Reserved.