アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

人工妊娠中絶・避妊について

セックス後の避妊はアイピル(アフターピル)しかない

投稿日:2018年4月10日 更新日:

「避妊といえば、コンドーム」と思っている人はどれだけいるでしょうか。世界をみても、そんなことを言うのは、日本がトップだといえます。

それは、海外では避妊ピルの服用が一般的になっていると言えるからです。そのなかでも人気なのがアイピルというアフターピルです。

アイピルは、ノルレボという病院でも処方される緊急避妊薬のジェネリック医薬品なので安全性と高い効果を持っていながら安く買えることで人気があります。

セックスの後でも病院にいけば、アフターピルを処方してもらえることを知っている人のなかには、高額な費用がかかることに対する不安などが関係している人もいるのです。

つまり安く買えて効果の高いアイピルなら、セックスの後の避妊に役立ってくれることが分かります。

セックス後の避妊にアイピルが役立つワケ

避妊効果のわけ
アイピルには、レボノルゲストレルという有効成分が配合されています。この成分が避妊に大きく役立ってくれるのです。

黄体ホルモン剤とも呼ばれていて、摂取することで排卵後と錯覚を起こします。すると、既に排卵されていると勘違いを起こすことから、排卵が抑制されるのです。

同時に、子宮内膜の増殖も抑制されます。この働きによって、排卵抑制が間に合わずに受精した場合でも、受精卵の着床が起こりにくくなります

そしてアイピル服用後、有効成分であるレボノルゲストレルの吸収が終わると体内では、黄体ホルモンの分泌が終了したと判断します。すると、生理が引き起こされるのです。

強引に生理を起こす

本来、生理は周期に合わせて月に1回程度起こるものです。しかし、アイピルを服用すると周期関係なく、生理が引き起こされます。

通常は子宮内膜の成熟が十分になったときに受精が起こらなければ、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が終わることで、子宮内膜は剥がれ落ちるのです。これを生理と呼びます。

しかし黄体ホルモンに似た働きをする、レボノルゲストレルが有効成分のアイピル服用後に、プロゲステロン分泌終了と認識してそれを合図に生理が起こるのです。

この働きから、アイピルの服用が強制的に生理を引き起こすことが分かります。

セックス後の避妊は副作用が起こりやすい

頭痛に襲われている女性
事後避妊薬であるアイピルに含まれるホルモン量は、本来体内では起こり得ない量です。

ただ1度の服用で排卵抑制・受精卵着床阻害の作用をし、強引に生理を起こすためには、必要な量なのです。

アイピルを服用すると、一時的に体内のホルモンバランスは大きく乱れます。そのため、副作用として不正出血や頭痛・吐き気・嘔吐・下腹部の痛みなどの症状が起こると予想されるのです。

そして周期がどうであれ、強引に生理を起こすのでその後しばらくの間は生理周期も乱れます。

早ければ2ヵ月程度で元に戻る人もいるといいますが、半年以上かけて徐々に生理周期を取り戻す人もいるのです。

それほどの副作用を起こすアイピルの服用は、身体とって大きな負担ですが、望まない妊娠を避けるためには必要なことです。

それでもアイピルでの避妊は必要なこと

もちろん事前に低用量ピルを毎日飲んで、日頃から避妊をしっかりしているという人もいるでしょう。

しかし2日以上飲み忘れをしてしまえば、それまでの効果は全て無いことになってしまいます。そしてコンドームだけで避妊をしている人も危険です。

低用量ピルの飲み忘れ、コンドームが破れたり外れた、中に漏れ出てしまったというような失敗があれば誰でも妊娠してしまう可能性があります。

妊娠を望んでいない場合は、経済的な問題や家庭・男女の理由が関係していることもあるはずです。

子供と産む・育てる覚悟と責任を持てないなら、自身のためにも中絶という道を選ぶことにならないうちに事後避妊をおこなうことが大切なのです。

誰にでも起こりうる避妊の失敗があったときのために、セックス後でも高い避妊効果があるアイピルが必要なのです。

セックス後の避妊成功率を高めるために

青空と花
アイピルを含むアフターピルのほとんどが、セックス後72時間以内の服用が推奨されています。

72時間以内の服用でも、約80%の避妊成功率なのです。つまり5人に1人は妊娠してしまう確率です。

もし成功率を高めたいのであれば、なるべく早く飲む必要があります。セックス後24時間以内の服用をすることで、避妊成功率は約95%と大幅に高くなるのです。

病院でアフターピルを処方してもらいたくても、ピルの処方をおこなっている病院が診療時間外であったり休診日の場合もあります。

そんなときは翌日診察を受けるか、少し遠くても今からいけるところを探すか選択する必要があるのです。

しかしその間にも受精卵が着床して、妊娠が成立してしまう確率はどんどん高くなっていきます。

セックス後の避妊成功率を高めるためには、アイピルを事前に購入して万が一の時のために常備しておくことが最も確実なのです。

中絶になる前にアイピルで避妊しよう!

妊娠を望んでいないうちに妊娠してしまうと、中絶を選ぶ女性も少なくありません。しかしそれは身体にはとても大きな負担となる上に、心にも大きな傷が残ります

そうした後悔をしないためにも、初潮を迎えた女性は避妊についてしっかり理解しておく必要があるのです。

コンドームの装着はもちろんのこと、女性が主体となってできるアイピルなどのアフターピルの服用についても正しい知識を持っておきましょう。

もし避妊に失敗してしまっても、アイピルをもっていれば最終手段として事後避妊をおこなうことができるのです。

もちろん身体に負担はかかり、副作用が起こることもありますが、中絶の可能性を考えると精神的にも経済的にも負担はとても軽く済みます

いまは通販でも簡単に購入することができるので、女性には避妊のためにアイピルが活用できることを知っておいてほしいものです。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-人工妊娠中絶・避妊について

Copyright© アイピル通販クリニック , 2018 AllRights Reserved.