アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

人工妊娠中絶・避妊について

日本における人工妊娠中絶の現状とアフターピルの必要性

投稿日:2017年5月16日 更新日:

人工妊娠中絶の今について
避妊に失敗して望まない妊娠をしてしまった場合、女性がとる手段として人工妊娠中絶があります。日本における人工妊娠中絶の現状は、年間約29万件といわれています。意外と少ないと思われる人もいるかもしれませんが、少子高齢化が進む現代の日本では、この数字は決して少ないとはいえません。

一般的に中絶の手術というと10代や20代の若い女性が、望まない妊娠をしてしまったために受けるというイメージがあるかもしれません。しかし30代や40代の女性が受けることも多く、女性全体の問題といえます。また最近は性交開始の低年齢化も進み、正しい避妊方法も知らないため望まない妊娠をしてしまうケースも増えています。

母体保護法とは

人工妊娠中絶はその名前の通り、人工的に妊娠を阻止するというもので女性にとっては、肉体的にも精神的にも負担をかける手段といえます。日本では母体保護法という法律によって、人工妊娠中絶手術は母体の健康上の理由や経済上の理由がある場合、性犯罪などの被害によって妊娠した場合に認められています。

ただ現状としては、望まない妊娠の多くが経済的理由で人工妊娠中絶手術が行われていることも分かっています。未成年が手術を受ける場合、法律上の規定では本人と配偶者もしくは相手の同意が必要となっているため保護者の同意を得る必要はありません。そのため、親に知られずに中絶手術を受けることも可能となっています。ただし、18歳未満の場合は本人の保護者の同意は必要です。

人工妊娠中絶手術は、どのような医師でも行えるというものではなく母体保護法指定医師として、都道府県医師会が指定した医師以外は行うことができません。また、胎児が母体外において生命を保続することのできない時期となる妊娠22週目以降になると受けることができません。
そして手術は妊娠初期とそれ以降とでは中絶手術の方法も異なり、遅くなればなるほど母体に与える影響も大きくなってしまいます。中絶手術を選択するのなら、できるだけ早く決断した方が負担も少なく体に与える影響も少ないといえます。

中絶手術を行える時期

中絶が出来る時期とは
人工妊娠中絶手術は妊娠の週数によって手術の方法も異なりますし、手術が行える病院も限定されてしまいます。初期の中絶手術は妊娠5週目~12週目までになり、この時期に行うことで費用も低く抑えることができます。その時期であれば比較的女性の体への負担も少ないため、安全に手術を行うことができるといえます。

ただ、それ以降の妊娠12週目~21週目になると中期中絶手術となり、人工的に陣痛を引き起こして強制的に出産させる方法となるため女性の体への負担はかなり大きくなり、入院も必要となってしまいます。
また、初期中絶手術と大きく異なる点は、死産となるため堕胎した胎児の死亡届を役所に提出して火葬を行わないといけないため、さまざまな手続きが必要となります。

中絶手術の方法とは

初期中絶手術の方法は前日の21時以降は絶飲絶食となり、手術はラミナリアという細い棒を子宮口に挿入して広げていきます。初期の手術には掻爬(そうは)法と吸引法があり、掻爬法の場合には器具を使って子宮口を開きます。そして鉗子やキューレットと呼ばれるスプーン状の器具を使用して、胎児や胎盤など子宮内のものを掻きだしていきます。

一方、吸引法は子宮口を開いた後、器具を使用して子宮の内容物を吸引していく方法で、どちらも麻酔をかけているため、手術中に痛みを感じることはありません。手術も15分程度で終わるため、負担の少ない手術といえます。手術後、特に問題がなければ日帰りが可能です。

そして中期中絶手術は、胎児が子宮内である程度成長しているため初期に比べると手術が難しく、体への負担も大きくなります。手術は問診を受けた後、血液検査や尿検査、心電図検査などを行い、問題がなければ手術の1~2日前に子宮口にラミナリアを挿入して広げておきます。当日は陣痛誘発剤を投与して強制的に陣痛を発生させて流産を引き起こし、胎盤などの子宮の内容物も除去していきます。

◆妊娠周期別の手術方法の違い◆
妊娠の週数 手術の方法
【初期】妊娠5週目~12週目 掻爬(そうは)法と吸引法
【中期】妊娠12週目~21週目 陣痛誘発剤で強制的に陣痛を発生させ、流産を引き起こす

中絶手術がもたらす影響

中絶手術は、人工的に胎児を殺してしまうという手術です。初期の手術であっても女性に与える影響は大きく、心的外傷後ストレスによって鬱(うつ)になったり、自分を責めてしまうケースも少なくありません。特に中期中絶手術は、体への負担だけではなく死亡届や火葬などの手続きも必要となってくるため、精神的なストレスも大きくなってしまいます。

避妊を成功させるにはアフターピルが有効

避妊にはアフターピルが有効
中絶手術を受けないためには、望まない妊娠を避けることが大切です。日本では避妊というと、コンドームが一般的ですが、コンドームは性感染症を予防するには有効な方法です。しかし、妊娠を100%防ぐことはできません。妊娠を望まないのであれば、女性が主体となって妊娠を阻止できる低用量ピルを服用することが大事です。

低用量ピルは女性ホルモンに似た成分が配合された経口避妊薬で、毎日1錠を服用することでほぼ100%の妊娠を阻止することができます。まだ日本ではそれほど普及していませんが、男性に頼らずに避妊できる方法ですからオススメです。ただ、飲み忘れたり正しく服用できなかった場合には、妊娠する可能性が高くなってしまいますから、注意が必要です。

もし避妊に失敗してしまった場合でも、性交後72時間以内にアフターピルを服用することで、妊娠を阻止することは可能です。アフターピルは避妊に失敗した場合でも、服用することで強制的に生理を引き起こし、妊娠を防止させることができます。

中絶をしない為にもしっかり避妊しましょう

人工妊娠中絶手術というのは、体への負担が大きいだけではなく、精神的なストレスも大きい手術です。人工妊娠中絶手術を何度も繰り返した場合には受精卵が着床しにくくなり、不妊や流産、早産のリスクも高くなってしまいますから、将来的に出産を考えているのであれば、中絶手術を繰り返すことのないように確実な方法で避妊を行うことが大事です。

アフターピルは、あくまでも緊急的に使用するピルですから、日常的には低用量ピルを服用するなど適切な対策をとることが大事です。大事な体を守るためにも、避妊に対して正しい知識を身につけておくことが大切です。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-人工妊娠中絶・避妊について

Copyright© アイピル通販クリニック , 2017 AllRights Reserved.