アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

「人工妊娠中絶・避妊について」 一覧

日本と世界での人工中絶の認識の違い
日本と言う国は世界の中でも先進国と呼ばれる非常に文化が進んだ最先端を行く国だと言えます。しかしそれはパソコンや車、機械機器と言った分野や文明や街の発達と言った話であり、SEXにおける教育に関しては先進国でありながら非常に遅れていると言わざるをえません。

他の先進国と比べた場合に日本の性に対する教育や人工妊娠中絶の多さは群を抜いていると言えますし、そうなっている理由もあるため何故人工妊娠中絶が多いのか、どうすれば人工妊娠中絶を減らすことが出来るのかを全ての人が考えていかなければいけないとえいます。妊娠して出産するということの重要性と、人工妊娠中絶をするという危険性や命を消すことになると言う問題点も理解して行かなければいけません。

日本が世界トップレベルで中絶が多いのは、性教育が不十分だから?

若い時から性教育も大切
日本が世界の中でもトップレベルで人工妊娠中絶が多い理由としては、子供のころからしっかりとした性教育が行われていないのが要因となります。日本の場合性教育を受けるのは小学校高学年~中学校にかけてが多く、高校になってからも多少は教育を受ける場合があります。
しかし、その内容となるのは男性と女性の違いやどうすれば子供が出来るのかと言った基本的な事ばかりで、もし妊娠した場合にどうすればいいのかと言った教育を受けないまま成長してしまっていると言えます。

他の先進国では最新の性教育を施しており、男女の体の違いだけでなく妊娠しないためにはどうすればいいのかと言った教育も幼いころから教えられているため、人工妊娠中絶ではなく妊娠しないための対策を考えてSEXを行っています。この点が日本と他の国との根本的な違いになっています。

避妊の主導権を男性に依存している

避妊について男性に依存している
日本の場合SEXにおける避妊を行う際には、その主導権を男性に委ねて依存しているという状況があります。それが顕著に表れているのが避妊の際に用いるのがコンドームが大多数を占めていることからもはっきりとわかります。

世界を見てみると避妊をする際には男性だけに依存することなく、女性も積極的にピルを利用して避妊を行っていると現状があり、日本のようにコンドームを男性が使用して避妊を行うだけといったことは非常に少ないと考えてよいでしょう。要するに世界では男女共に避妊を行うと言うのがスタンダードとなっており、日本とは全く異なる状況だと言えます。日本の場合避妊するのは男性の役目だといった誤った認識を持っている女性が多いのも問題点であると言えるでしょう。

日本でピルが浸透しなかったのは、反対する人が多かった?

世界では女性はピル、男性はコンドームを使用し、それを併用することでさらに避妊の効果を高めています。しかし日本を見てみるとピルを使用している女性と言うのは非常に少なく、そこには日本がピルを導入するのが遅れてたと言うことと、ピルを反対する人が多いという理由があります。
日本にピルが初めて入ってきたのは1999年のことで、まだ20年も経過していないといった現状があります。世界では20年前にはすでにピルはスタンダードな避妊薬として認知されており、日本がピルを導入したのが如何に遅かったかが浮き彫りになります。

何故導入が遅れたのかの理由としては、ピルを使用しての避妊が自然な行為ではないといった理由が非常に多かったことが挙げられます。コンドームの場合は物理的に避妊を行うのに対し、ピルは経口避妊薬なのでいわゆる医薬品に該当し、それを使用することへの嫌悪感や不安がピルの使用が増えないことに繋がっていると言えます。
実際にはピルを使用しても体への影響はほとんどありませんし、自分で避妊をコントロールできるため使うことによって自らの手で体を守ることも出来ます。しかし自然ではないと言った曖昧な理由で反対している人が多く、なかなか現在に至ってもピルが浸透しない理由となっています。

日本女性にピルが受け入れられない理由

避妊に薬を使うことに抵抗があった
日本女性にピルが受け入れられない理由としては、「ピルのことを知らない」「ピルに対する知識が備わっていない」と言うことも理由となっています。実際にピルがどのような薬なのかを理解すれば使用する人も増加すると考えられますが、現在のところピルに対する教育を行ってはいませんし、何処でピルを買えるのかといったことすら知らない女性が大半を占めています。

これではピルが日本女性に受け入れられないのは当然ですし、日本の場合人工妊娠中絶をすれば誤って妊娠しても大丈夫という意識があるのもピルを受け入れない理由となっていると言えるでしょう。

世界の女性はピルをどのように考えているのか?

世界の女性の場合、日本とは異なり性教育をしっかりと受けることによりSEXする際の問題点などを若いうちから理解していることが伺えます。アメリカの場合は州によって性教育のやり方が異なりますが、男性も女性も同じように人権を持つといった平等な考えの元、男性に依存するのではなく女性も自分で自分の体を守るべきだと言った教育を施されています。
日本の場合平等をうたいながらも男性と女性には大きな隔たりがありますし、男性優位といった意識が性教育にも表れていると言えます。

世界における避妊に対する考え方

避妊に関する考え方も世界の女性の場合は非常に進んでいる考え方をしており、妊娠してから人工妊娠中絶を行うのではなく、妊娠しないための対策としてピルを服用し備えるといった考え方がほとんどです。
要するに妊娠しない為にどうするかを考えて行動しているわけで、日本のように妊娠してから中絶するといった考え方は少ないのが現状です。

女性が自立してピルを服用することを考え、望まない妊娠を避けよう

意図しない妊娠をしてしまうと、それにより傷つくのは全て女性となります。男性の場合は妊娠することが無いため人工妊娠中絶をするというリスクもありませんし、妊娠した際の体の変化や妊娠の辛さも到底理解できないと言えるでしょう。

どのようなSEXであっても避妊を失敗すれば必ず女性に対してデメリットが及ぶことになるわけですので、女性は自立して自分で避妊をするためにピルを使用するということを考えなければいけません。今までのように男性に頼った避妊はどうしてもリスクが大きくなりますし、コンドームも100%避妊できるわけでは無いのでその点も理解してピルを使用することを考えていく必要があります。

ピルとコンドームを併用することで、避妊や性病のリスクを減らす

避妊にはピルとコンドームの併用がより良い
ピルとコンドームを併用することで100%に近い避妊の効果が得られるだけでなく、性病などの病気も防ぐことが出来ます。コンドームだけでは破れてしまったり破れてしまった場合に妊娠する可能性が高まりますし、ピルだけでは性病を防止することができません。

しかしコンドームとピルを併用することで性病も避妊も同時に防ぐことが出来ますので、男性はコンドームを、女性はピルを使用するのが当たり前といった考え方になることが避妊や性病を防止するためには必要不可欠となります。もちろん併用することで人工妊娠中絶をするリスクも引き下げることが出来ます。

避妊に失敗したと思ったら、すぐに緊急避妊薬(アフターピル)を服用しよう

ピルを使用するためにはあらかじめ継続的に使用し続けることが求められます。そのため飲めばすぐに効果が出るわけでは無いので、どうしても避妊を確実にするためには準備と継続的利用を続けていく必要があるわけです。飲み忘れた場合には避妊効果を得られなくなるため、そう言った場合のことも考えて緊急避妊薬であるアフターピルのことも知っておく必要があります。

産婦人科や女性クリニックなど一部の病院でしか手に入らない。

一部の病院だけでの避妊薬の処方
アフターピルと言うのは通常のピルと同じ成分で出来ている薬ですが、緊急避妊薬と呼ばれる特別な薬のため避妊に失敗した際にしか使用することが出来ないものとなっています。これはアフターピルが通常のピルよりも濃度が高用量ピルであり、飲めばすぐに避妊の効果を得ることが出来る薬であるためです。

緊急避妊が出来る為ピルの代わりにこれを使用すればいいのではと考える女性もいるかもしれませんが、緊急避妊薬であるアフターピルは産婦人科や女性クリニックといった一部の病院でしか入手することが出来ませんし、事前に入手しておき避妊に失敗した場合に使用すると言ったことが出来ない薬となっています。
緊急避妊薬のアフターピルを処方してもらえるのはあくまでも避妊を失敗した場合に産婦人科などを受診し、医師が処方した場合のみ利用することが可能となります。その際には1回分しか処方されませんので、予備を貰うと言うことは出来ない仕組みとなっています。

慌てないために「お守り」として通販で2,3個購入しておこう

緊急避妊薬であるアフターピルを医療機関で処方してもらう場合、1回分しか処方されない為もしもの場合に不安を抱える女性もいるでしょう。もし服用した後に副作用のためアフターピルを吐いてしまった場合には、再度医療機関を受診して処方してもらう必要がありますし、時間が経てば経つほど緊急避妊出来る確率が低下していくことになります。その不安を払拭するには通販で緊急避妊薬のアフターピルを2,3個まとめて購入しておくといいでしょう。


お守り
緊急避妊薬アイピルが女性のお守りと言われる理由とは?

全国では年間約20万件を越える人工中絶が行われています。もし、望まない妊娠をしてしまった時、傷付くのは女性の心と身体です。男性と身体の関係があるならば、妊娠や中絶は決して他人ごとではありません。いつ自 ...

続きを見る

現在通販では個人輸入代行で緊急避妊薬のアフターピルを購入できるサイトがたくさんあり、それを利用することで自分でアフターピルを入手することが出来ます。

これなら誤って吐き出してもすぐにアフターピルを使用することが出来るため、お守りとして持っておくことで安心感も得られます。副作用が少なからずあるため、アフターピルのことを正しく知ったうえで利用するようにしましょう。

カテゴリ一覧

避妊に失敗して落ち込む女性

途中でコンドームが外れた!?緊急で避妊する方法って?

パートナーとセックスをすることは、想い合っている者同士であれば誰にでも起こることです。 そしてセックスをする時は避妊のためにコンドームをつけている、というカップルや夫婦も少なくないでしょう。 しかし、 ...

コーラで膣洗浄するのは危険すぎる

膣洗浄で避妊は出来ない、コーラで膣内洗浄は危険!

「妊娠をしたくないと思ったら、膣洗浄をすればいい」

ゴムアレルギーの人ができる避妊方法を知る

ゴムアレルギーの人が知っておきたい避妊方法

猫などの動物や魚介類などの食物、ハウスダストなどさまざまなアレルギーがあるように、実はコンドームの素材に利用されるゴムにもアレルギー反応が起こる場合があります。 アレルギー反応には、もちろん個人差はあ ...

生理不順で悩む女性

生理不順で悩む女性の避妊について

生理周期が短くて大変、逆に長くて生理痛が重くなる、いつくるか分からないからいつも備えておかないと不安・・・など生理不順の悩みは多くの女性が思い当たるのではないでしょうか。 そして彼氏や夫がいる人でも、 ...

緊急避妊をしたい女性

中出し(膣内射精)されてしまった!?妊娠しないために緊急避妊!!

お酒の席で酔ってしまって勢いであったり、男性から強引に行為をすすめられたことで避妊もせずに中出しされたしまったことがある人もいるでしょう。 今まで、そんな経験は無いと言う人でも、今後いつ起こってしまう ...

避妊するには男女での協力が必要

避妊は男女がお互いで協力してするべきこと

お互い深く愛し合っているカップルであればある程、性行為も愛のコミュニケーションとして存在します。一方で、最近は純粋に性行為自体を楽しむカップルもいます。しかし、この時に必ず意識しておかなければならない ...

人工妊娠中絶の現状

日本における人工妊娠中絶の現状とアフターピルの必要性

避妊に失敗して望まない妊娠をしてしまった場合、女性がとる手段として人工妊娠中絶があります。日本における人工妊娠中絶の現状は、年間約29万件といわれています。意外と少ないと思われる人もいるかもしれません ...

パートナーがコンドームを嫌がる場合の避妊法

パートナーがコンドームを嫌がる場合の避妊法

日本では、避妊法というとコンドームがもっとも一般的となっていますが、世界的に見ればコンドームは性感染症(STD)を予防するために使用するものであり、避妊法としては低用量ピルやIUDなどが一般的となって ...

アフターピルと薬での中絶の違い

緊急避妊薬(アフターピル)と経口中絶薬(薬による中絶)の違いは?

緊急避妊薬も経口中絶薬それぞれが持つ効果や副作用、リスクなどを知っていますか?この2つに共通しているのが、どちらも女性が使用するものという事です。しかし、女性であっても緊急避妊薬も経口中絶薬も初めて聞 ...

避妊方法を知ろうとする女性

女性のための正しい避妊の知識

現在の日本において、年間100万人の赤ちゃんが産まれてくる一方、約20万件の中絶がおこなれています。日本で最も多い死亡原因の上位に、人工中絶手術が入っています。 人工中絶に至るまでには、女性の数だけ理 ...

Copyright© アイピル通販クリニック , 2017 AllRights Reserved.