アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

アイピルの効果・効能

アイピルの失敗率はどれくらい?避妊の仕組みと正しい飲み方

投稿日:2017年3月16日 更新日:

性行為を行う時に、妊娠の危険性が頭をよぎる方は多いです。そして避妊をしていても、まれに避妊をしない場合や、失敗するなど妊娠の危険性が高くなることがあります。そのような時に、ピルと同じ避妊薬のひとつである緊急避妊薬という薬があります。この緊急避妊薬は、女性の体に精子が入った後でも、避妊をすることが出来ます。

その緊急避妊薬のなかにアイピルという避妊薬があります。この緊急避妊薬アイピルは、性交渉の後に1錠服用して避妊が出来るため手軽です。また適切に使用すれば、妊娠の危険性がかなり低くなるため多く使われています。これからこのアイピルの服用方法や注意点などをご紹介します。

緊急避妊薬アイピルで避妊できるメカニズム

アイピルに含まれている成分には、女性ホルモンである黄体ホルモンと同じ成分が含まれています。この黄体ホルモンは子宮内膜が厚く形成させて、子宮は受精卵が着床しやすい環境を作ります。そして子宮は妊娠した状態と近い状態になるため、排卵がなくなり、受精しにくい状態になります。個人差がありますが、副作用でつわりのようなムカツキや生理痛のような腹痛、頭痛、むくみなどの妊娠初期のような症状が出る場合があります。

体内に入った精子の生存日数は3日間と言われているため、卵巣による排卵を止めることで避妊に繋がります。またもし排卵と性行為の日が重なって受精をしても、子宮で着床するまで1週間弱かかります。そのため子宮を妊娠に近い状態にして勘違いをさせることで、避妊をすることが出来ます。

アイピルで避妊の確率を上げるためのポイント

思い出したイメージ
緊急避妊薬での避妊確率は、性行為を行った後3日以内の服用で避妊の失敗率が約20%と言われています。そしてアイピルでの避妊確率は、性行為後1日以内の服用で約5%以下の失敗率、そして性行為後3日以内の場合は失敗率が約25%になります。そのため服用が遅くなるにつれて、妊娠をしてしまう可能性が高くなります。性行為後のトラブルに気付いたら、すぐに服用する必要があります。

またアイピルは、性行為後すぐに使用すれば失敗率は低いですが、使用頻度が増えるに従いこの失敗率は増えていきます。限りなく失敗率を0%に近くしたい場合は、通常のピルの飲み方を取り入れたり、パートナーと性行為の方法について相談をして、出来るだけアイピルの使用頻度を減らすことが大切です。また性行為後の服用を早めることで失敗率を低下させることから、アイピルを事前に持っておくことで避妊の確率を上げることが出来ます。

緊急避妊薬アイピルを簡単に手に入れる方法

現在は処方箋無しで、個人輸入代行通販で購入できます。通販で購入する方法は、医療機関で処方を受けるより、安価で購入することが出来るためとても経済的です。また手元に届くまで1週間以上かかる可能性があることから、事前に購入しておく必要があります。故意にホルモンバランスを崩すことで子宮内膜を剥がす働きをする為、吐き気や腹痛などの副作用が出ることがあります。

一般的には、産婦人科などの医療機関で避妊薬を処方してもらう方法です。しかしこの避妊薬は保険が使えず全て自己負担になるため、医療機関によって金額が異なりますが、金額が高い場合1万円前後することがあります。また1錠単位で個装されているため、必要量のみの処方になります。そのため多めに処方を受けることが難しく、毎回避妊を失敗した時に受診をしなければなりません。
そのため、初めて使用する際は、医療機関で受診して服用を行い、適切な飲み方や服用後の状態、失敗率などについて医師に確認する方が良いです。そして使用による注意を知った上で、通販の購入を利用することで安全に使用することが出来ます。

アイピルの危険な飲み方

服用には注意が必要
アイピルは正しく飲めば、失敗率が低く、副作用が出にくい緊急避妊薬です。服用量は1回1錠で、水と一緒に飲みます。このようにとても手軽に行える避妊方法ですが、失敗率が全くないわけではありません。また服用をすることで、体の正常な機能を乱して避妊を行うため、体に少なからず負担をかけています。そのため適切な飲み方をしなければ、体に悪い作用を起こす可能性があります。

例えば、1回2錠以上を服用したり、他の薬と併用して使用するなど危険な服用方法を行うと体に大きな負担になり、副作用が起きやすくなります。また喫煙やお酒と一緒に服用しても、薬剤が体に悪い影響を与え症状が出る危険性があります。そのため安全に使用をするためには服用方法を守り、妊娠検査薬での検査もしくは生理が来るのを待って妊娠していないことを確認するまでは、性行為を控えて安静にすることが重要です。またこの避妊薬は、性病を予防することが出来ません。そのため淋菌やエイズ、ヒトパピローマウイルスなどの感染が出来ないことを理解しておく必要があります。

アイピルの服用はどうしても必要な時に限る

緊急避妊薬であるアイピルは服用方法を守れば、安全に妊娠を防ぐことが出来る避妊薬です。そして通販などで簡単に購入できることから、手軽に使用することが出来ます。しかし日頃からアイピルに頼りすぎて避妊をしなくても大丈夫と思うことは、妊娠の可能性を高めますし、過度な使用は体に負担をかけるため危険です。常に避妊を心掛けて、止む負えない状況になった場合にアイピルを使用することをお勧めします。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-アイピルの効果・効能
-,

Copyright© アイピル通販クリニック , 2017 AllRights Reserved.