アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

アイピルの効果・効能

アイピルと比較、種類別で効果の違いはある?

投稿日:2017年8月8日 更新日:

日本国内では病院からの購入しか認められていない、アフターピル。そのなかでも個人輸入代行通販という方法で、ネットから買うことが出来るアイピルは人気な避妊薬の1つです。

他にもいろいろな種類のアフターピルがありますが、何故アイピルは人気なのでしょうか。そこには効果や副作用、服用方法などさまざまな理由が隠されています。今回は、それぞれの効果から理由を探ってみましょう。

アイピルの効果

世界的にも広く使用されているアフターピルの1つで、特に若い女性に人気なのです。それは避妊薬の先発薬で知られるノルレボのジェネリック医薬品であることが大きな理由に関係しています。

アイピルの有効成分はノルレボ同様、レボノルゲストレルが1.5mg含まれていて黄体ホルモン薬とも呼ばれます。この成分によって、本来のホルモンバランスを乱して排卵の抑制や子宮内膜が剥がれ落ちやすい状況を作り出すのです。

そして、アイピルでの妊娠回避は性行為から72時間以内に飲むことで、75%以上の成功率があります。しかし、飲むまでの経過時間が短ければ短いほど、その確率は上がります。翌朝などの24時間以内に飲むことができれば、95%以上の避妊成功率があるのです。

1回の服用でこれだけの避妊成功率がある、飲み忘れの心配が無いアフターピルの1つといえます。

マドンナの効果

マドンナは2回に分けて飲む必要がある
低用量ピルのように毎日飲むことで避妊効果を得るわけでは無く、避妊に失敗した後に飲むことで効果を発揮してくれる緊急用のアフターピルです。飲むことで、受精卵が着床しにくい子宮環境を作ろうと働きかけてくれる薬なのです。

アイピル同様、性行為からの時間が早ければ早いほど、高い避妊効果を得ることが出来ます。有効成分もレボノルゲストレルと同じですが、0.75mgの含有量なので2回に分けて飲むことが必要なのです。

性行為後72時間が経過する前に飲むことができれば、避妊は98%程度の成功率を誇ります。2錠目の飲み忘れの注意は必要で、1錠目を飲んだ12時間後という2回目を飲まずに過ごしてしまうと、十分に排卵抑制や受精卵の着床阻害効果が出ずに妊娠の確率を高めてしまうことにもなりかねません。

性行為後、なるべく早く飲むこと。そして、飲み忘れを絶対にしないことがマドンナで高い避妊効果が得られるコツになるでしょう。

アンウォンテッド72の効果

有効成分はマドンナやアイピルと同じレボノルゲストレルです。精子の受精をしにくくしたり、排卵の周期を遅らせる働きを持っています。
避妊に失敗した時はもちろん低用量ピルの飲み忘れなどにも、飲むことで避妊効果を発揮してくれるアフターピルです。アンウォンテッド72も避妊したいと思った時に1回1錠を飲むだけで働きかけてくれます。

性行為から72時間が経つ前に飲むことが出来れば、75%以上というアイピルと同等の効果が発揮できます。その為、中出しを強要されたなどの望んでいない妊娠の可能性がある場合に備えて持っておくことがお勧めです。

アイピルと他のアフターピルの効果を種類別で比較して分かったこと

アイピルを選ぶ利点とは
アイピルはノルレボ同様の成分で、同じような効果を得ることが出来るにも関わらず安く購入することが可能なのです。また、通販の場合複数買いでお得になるサイトも多いので、前もってまとめ買いをしておいてお守り代わりに持ち歩く女性も増えてきています。

2回の服用で、高い効果を得られても副作用が強く出たり、費用が高くなってしまうことがあった従来のアフターピル。しかし、アイピルは1回1錠の服用で良い上にジェネリック医薬品であることから、安く手に入ります。

しかし、いくら安くても避妊効果が無ければ、意味はありません。ノルレボという病院から処方される避妊薬とほぼ同じ成分と効果をもっていることから、信用性もあるのでそんな心配はありません。

一番は自分自身の身体に合うアフターピルであることが大事

アイピルは高い避妊効果が得られる薬でありながら、安いというユーザーにとっては嬉しい避妊薬です。そのことから、世界でも広く使用され、特に若い女性の人気があるのでしょう。

ただ、薬である以上は効果や副作用のあらわれ方には、個人差があります。また、持病があったり、婦人系の疾患がある人は避妊薬の服用自体を検討する必要がある場合もあります。

そして、アイピルの人気が原因で、それを利用しようと偽薬が出回っているという懸念もあります。通販を利用する場合には、信用できるサイトを利用することは必須です。

アフターピルを試したことがあってあまりに副作用が辛かったり、最近体調の変化が気になったりするなどの不安を抱えたままの同じピルの服用は避けましょう。他の薬を服用している場合はもちろん、何か不安がある場合は医師に相談の上アフターピルを服用するようにしましょう。

医師からのアドバイスや他の種類ピルを試したりして比較することで、自分自身の身体に合うものを見つけることが大切です。そんななかでも、アイピルは人気であり続けています。

悩む女性
アイピルと比較、種類別で副作用の違いはある?

アフターピルとしてアイピルを使用する場合、気になってくる事の一つに副作用が挙げられると思います。万が一の時に強い味方になってくるアフターピル。その中でも、特に手軽に購入する事ができるのがアイピルです。 ...

続きを見る

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-アイピルの効果・効能

Copyright© アイピル通販クリニック , 2017 AllRights Reserved.