アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

アイピルの効果・効能

避妊効果を発揮するアイピルのメカニズムとは

投稿日:2017年3月31日 更新日:

アイピルのメカニズムを知る
性行為後に女性が主導となって行える避妊方法が、アフターピルの服用です。一般的にアフターピルは事後72時間以内に服用することで強制的に生理を引き起こすと言われています。

女性ホルモンを多量に含んでいるアフターピルを摂取することで、より妊娠しやすい体内環境が出来そうなイメージを持つ人もいるかと思います。しかし、実際は逆である妊娠を回避する働きをするというのです。さまざまなアフターピルがある中でも特に人気のあるアイピルにある避妊効果とその仕組みについて、知っていきましょう。

生理が起こるメカニズムについて

まず、生理には2つの女性ホルモンの働きが関係しています。それは卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンと黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンです。

エストロゲンが卵子を成長させて排卵を促し、妊娠の準備の為に子宮内膜を厚くする働きをします。こうして3週間~4週間が経過するとエストロゲンが徐々に減少していきます。それにともなって、プロゲステロンが分泌されます。このタイミングは受精卵が着床することができる、妊娠の準備が整っている期間なのです。
そして、プロゲステロンの分泌が止まると同時に子宮内膜が剥がれ落ちることで、生理が起こります。

アフターピルの主成分は黄体ホルモン(プロゲステロン)

アイピルの主成分は黄体ホルモン
人の身体ではエストロゲンの減少とともにプロゲステロンが分泌されて、その分泌が止まることで生理が起こりますが、アイピルを飲むことで同じ状況を故意に作りだすのです。

アイピルを飲むことで、体内に多量のプロゲステロンが吸収されます。このように人工的に生理前の状態を作りだすのです。そして、故意にプロゲステロンの分泌されない状況が出来ることで子宮内膜が剥がれ落ちて、生理が起こる仕組みになっています。この仕組みによって避妊効果がありますが、その効果は100%ではありません。

受精卵が着床するまでの制限時間が3日

アフターピルを72時間以内に服用するように言われていることには、妊娠に至るまでの時間が深く関わっています。一般的に性交後、精子が卵子に到着して受精、そして受精卵となって着床することで「妊娠」となります。

精子が体内で活動出来る期間は約2日間とされていてその時に受精が完了すると、受精卵が子宮内膜への移動を始めます。その期間は約7日~10日と言われています。しかし、生理を引き起こすプロゲステロンの分泌がされなくなったと認識するまでにも少し時間はかかるので、受精卵が出来る前のタイミングでアイピルを摂取していないと着床前に間に合わなくなってしまいます。
その期間を考慮した上で、遅くても受精後すぐに避妊するための準備を始める=アイピルを飲むことで避妊効果を高めているのです。そのことから、避妊するためには事後72時間つまり3日以内のアイピルの服用が必要だとされています。

着床前で無いとアイピルで避妊効果が無いのはなぜ?

避妊効果についての疑問
アイピルなどのアフターピルに含まれているプロゲステロンは本来、子宮内膜やその周辺の血流量を上げて体温を高める作用を持っていて、子宮内膜が厚い状態を維持したりして受精や着床をしやすくする働きをしているのです。
プロゲステロンの分泌の停止は、受精卵の着床(妊娠)が無かったことで役目を終えた子宮内膜が剥がれおちる現象を引き起こします。これが生理なのです。

そのため、受精卵が着床したもしくはしていた場合には体内からプロゲステロンは分泌されるため生理は起こらず、逆に妊娠を安定させる働きをします。もし強制的に生理を引き起こすからと中絶の働きもすると思っている人がいた場合は大きく間違えた認識なので、勘違いをしないように気をつけましょう。

ホルモンバランスを乱すので副作用にも注意

このことから、無理にホルモンバランスを乱している事が分かります。そのため、体調に変化も起こしやすいことも事実です。
強制的に生理を引き起こすので、生理中のような症状に加え、急激なホルモンバランスの変化により強い症状が起こることも考えられます。それは、頭痛や吐き気、腹痛、嘔吐などさまざまです。急激にホルモンバランスを変化させるということは、それほど身体にも負担がかかるものだということを理解しましょう。

アイピルの仕組みと副作用を知った上で使用すること

アイピルのことを知った上で使用することが大事
生理が起こる仕組みから、アイピルを服用することでプロゲステロンの分泌と分泌の停止の状態を作り出すことで故意に生理を引き起こしている事が分かりました。そうすることでさまざまな副作用は引き起こさやすくなってしまうのです。それらを知った上で本当に必要とする時に限りアイピルを服用することがおすすめです。

身体的な負担だけでなく、心にも負担をかけてしまう場合も

また男性側にもこれらのことを知っていてもらうよう、おすすめします。それは男性側がただ「コンドームをすることに慣れていない」や「しない方が気持ちいいから」などと言った理由を持っている場合があります。そういう人は「アイピルを飲めば、ほぼ避妊出来るから問題ない」と簡単なように考えてしまうこともあります。しかし、実際は女性の身体に負担をかけているので、そのことを知ってもらう必要があるのです。

もし、そういった話をせずそのまま変わらないでいると、女性側が「私のことをそれほど考えてくれていないのだろうか」と不安に思い、徐々に気持ちが冷めていってしまうことも考えられます。そうならないよう男性に、避妊効果がある反面、身体の負担もあるということを知っておいてほしいのです。
アイピルは正しい方法で服用すれば高い避妊効果を得られますが、身体にも心にも負担を与えてしまう可能性があることをしっかり理解しておかなければいけません。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-アイピルの効果・効能
-,

Copyright© アイピル通販クリニック , 2017 AllRights Reserved.