アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

アイピル通販・購入方法

本物のアイピルを購入できる通販サイトを選ぶためには

投稿日:2017年3月13日 更新日:

緊急避妊薬(アフターピル)のアイピルを使用する場合に最も気になるのは、やはり使用する際に必要となる金額ではないでしょうか。

使うことで避妊できるアイピルを購入するのにあまりにも費用がかかってしまうとやはり使いづらいですし、費用負担によってはアイピルを使うのを躊躇ってしまうということも考えられます。

そのため実際に使用した際の費用をあらかじめ知っておくことが使う前には必要なポイントとなります。

アイピルの費用

日本でアフターピルを処方してもらえるのは「ノルレボ錠」という医薬品となり、お医者さんの処方箋が必要となるため、診察代・お薬代が必要となります。

その一方で、アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり安価に入手できることから世界中では人気となっていますが、日本の病院では処方されていません。

アイピルを使用する際の費用としては、処方箋で出してもらうのと個人代行サイトで使うのとでは全く費用が異なります。

これは医療機関を通じて使用するのと、自分で購入して使うのとでかかってくる費用に大きな差が出てくるためで、比較してみると圧倒的に処方箋のほうが高額な費用がかかってしまいます。

何故同じくすりなのにこれだけの費用負担の違いが出るのかは、処方箋というシステムが関係していると考えて良いでしょう。

処方箋と個人輸入代行サイト

処方薬
処方箋の場合は医療機関で医師の診察を受けた後、その医師が処方するかどうかを決めてOKが出た場合のみノルレボ錠を処方してもらえます。

そのため純粋な薬の価格だけではなく診察料などもプラスされることになるため、ノルレボ錠を処方箋でもらう場合にはその費用負担も同時に必要となります。

そのためどうしても医療費としての金額がアイピルの価格を引き上げてしまうことになります。しかもノルレボ錠を処方してもらう場合には保険を使用することが出来ないため全ての費用を自己負担する必要が出てきます。

その場合薬と診察費を合わせて平均的に1万~15000円程度の費用が必要になります。ノルレボ錠の場合医療行為とは見なされないため、保険を使用しての購入が一切出来ないわけです。

一方の個人輸入代行サイトの場合は、通常のショッピングサイトのように使うことが出来、アイピルの販売代金だけの負担で済むため安価に手に入れることが出来ます。

保険適用といったわずらわしい問題もありませんので誰でも気軽に使用できますし、購入する場合の費用も1500円程度から購入可能となっており、処方箋と比べると10倍程度の価格差があることになります。

産婦人科でアイピルの処方箋をもらうまでのハードルとは?

産婦人科で緊急避妊薬(アフターピル)を処方してもらうには、とても高いハードルが存在しています。それが必ず診察を受ける必要があり、その段階で処方してもらえるかどうかが決まるということです。

診察を受けずに処方箋だけを貰うということは不可能ですし、処方箋がなければ何処に行っても購入することが出来ない薬なので、それを考えただけでも入手が困難な薬であると考えなければいけません。

しかもアフターピルを処方してもらうという状態は、妊娠までのカウントダウンが始まっているといえるとても緊急を要する状態と言えますので、悠長に構えている時間もありませんし時間が絶てば経つほど妊娠リスクが高くなっていくことになります。

基本的には産婦人科を受診して現在の状態を医師とともに確認し、医師が処方してくれて初めてアフターピルを手に入れることが出来ます。しかもその際に処方されるのはわずか1回分ですので、数回分を処方してもらうということは出来ません。

処方してもらえた場合でも高いお金を支払わなければいけないわけですので、負担が大きくのしかかってくることは言うまでも無く、それがハードルになって医療機関の受診に踏み切れないという人もいるでしょう。

個輸入代行サイトで安全なサイトの基準とは?

個人代行輸入を利用した場合には、いつでもサイトを通じて自由にアイピルを購入することが出来ます。個人輸入代行サイトを使うことで自分で個人輸入の手続きを行う必要もありませんし、手続きに必要な書類を用意することも複雑な手続きで悩むこともありません。

なにより個人で輸入したのに商品が届かないといったトラブルを回避することも出来、個人輸入代行サイトを利用した場合には様々なメリットが生まれることになります。

価格も安くアイピルを常備しておきたい場合にも使いやすいですし、まとめ買いも出来るので処方箋のような1回分しか薬をもらえないということもありません。

しかし安く購入できて便利な個人輸入代行サイトではありますが、中には怪しい危険なサイトもあるため全ての個人輸入代行サイトが安心して使えるわけではないのです。

そのためどういった個人輸入代行サイトが安全なのかを理解した上で使うことがトラブルを未然に防ぐためには必要となります。

まず個人輸入代行サイトで売られているアイピルの販売価格は、サイトごとに価格が異なっています。その場合価格だけで購入するサイトを選ぶのではなく、購入する際の支払い方法にも注意することが重要なポイントです。

安全な個人輸入代行サイトの場合、クレジットカードを使用することが可能となっており、クレジットカードを利用できるということが安全かどうかの指標となります。

何故ならクレジットカードでの決済が出来るサイトの場合、カード会社からの信頼があるサイトだと判断することが出来ますので、振込みしか支払い方法が無いようなサイトとは異なり信頼性が高いサイトだと言えます。
クレジットカード
次に利用者の口コミやレビューの多さもそのサイトが安全かどうかを判断するためのポイントとなります。利用者が多くそのレビューが多ければ今までの販売実績があるということになりますし、そのレビューや口コミの内容が良いものが多ければそれだけ安心して使えるサイトだと判断する材料になります。

それと取り扱っている一部の薬の鑑定書をサイトに提示している個人輸入代行サイトも安全性が高いと判断できます。海外からの輸入品ですので偽物を掴まされることも多く、怪しいサイトを利用した場合にはそういったトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

しかし大手個人輸入代行サイトの場合は定期的に薬の成分を鑑定して鑑定書を提示しており、それが本物を取り扱っているという証明になります。こういったいくつかのポイントを押さえれば利用する個人輸入代行サイトが安全かどうかを見分けることが出来ますし、そうすることでトラブルに巻き込まれないための対策にもなります。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-アイピル通販・購入方法
-,

Copyright© アイピル通販クリニック , 2017 AllRights Reserved.