アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

アイピル通販・購入方法

アイピル通販の詐欺とは?詐欺に合わないために確認すべきこと

投稿日:2017年7月11日 更新日:

アイピルはアフターピルのジェネリック医薬品として高い人気を誇っている錠剤です。

安価で購入できて避妊成功率も高いことで多くの女性に使用されていますが、アイピルを扱っている通販サイトの中には詐欺をたくらむ業者がいるのも事実です。

アイピルの通販サイトで詐欺にあうケースと、詐欺にあわないようにどうすればいいかをお伝えします。

アイピルは通販サイトで手に入りやすい?

アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品で、レボノルゲストレルというノルレボ錠と同じ成分が含まれています。

緊急避妊薬の中では価格が安い方で、通販サイトで購入した場合、1箱1,000~2,000円ほどで購入可能です。

病院で処方される場合はいろいろな費用が重なって5,000~10,000円ほどかかるため、通販サイトで購入するのが断然お得です。

アフターピルのジェネリック医薬品は複数の製薬会社で製造および販売されていますが、アイピルはその中でも人気度の高いもので、アフターピルの通販サイトのほとんどがアイピルを販売しているのです。

多くのサイトで販売されており、かつ値段もお手頃なため、通販サイトなら手に入りやすいと言えます。

アイピルの通販サイトで起こり得る詐欺とは

アイピル通販サイトの詐欺

アイピルを販売している通販サイトの中には、悪質な業者が存在しています。
いったいどのような詐欺が起こり得るのでしょうか。

購入後に発送してくれない

支払手続きを終えたにも関わらず、何日たっても発送の連絡がないケースがあるようです。
こちらから連絡しようとすると、繋がらない電話番号だったということもあるのです。

この場合、支払った金額を返してもらうことは難しいでしょう。

海外からの発送なので1週間から10日はかかるものですが、何週間経っても来ない場合は詐欺の可能性があります。

偽物を送ってくる

本物のアイピルだと見せかけて、偽薬を送りつけてくる業者も中にはいます。

一目でアイピルではないと判断できるものもあれば、形や色がよく似ていて素人だと見分けられないものもあるのです。

アイピルの偽物は避妊効果を持っていないどころか、人体にとって有害な物質が含まれていることもあります。
実際に、海外では覚せい剤と同じ工場で製造されたアフターピルの偽薬を飲んだことで、薬物中毒になったという報告もあるのです。

アイピル通販サイトで詐欺に合わないために

このような詐欺に合わないために、通販サイトを利用する際に下記の点に注意しましょう。

価格が安すぎないか

アイピルは通販サイトで通常1,000~2,000円ほどで販売されていますが、それを大幅に下回る価格で販売しているサイトは、一度疑った方が良いでしょう。
やたら「激安」や「最安値」などと謳っている場合も要注意です。

購入を決める前に、複数のサイトの値段と比較して安すぎないかチェックするようにしましょう。

特定商取引法に基づく内容を明記しているか

特定商取引法は消費者取引の公正を確保するための法律です。
インターネットを通して物販を行う場合、特定商取引法に基づく表記をしなければなりません。

この表記がサイト内に記載されていない、または気付きにくいところに記載されている場合は、詐欺サイトの可能性があります。

問い合わせ窓口を設置しているか

偽物を売りつけたり商品を発送しないと、消費者から苦情が届きます。
詐欺行為を働いている業者は、苦情や問い合わせの連絡が殺到しないように電話を設置していないことが多いのです。

メールアドレスの記載があっても、内容によっては返信してくれないでしょう。

購入前には、必ず問い合わせ窓口用の電話番号が掲載されているか確認することをおすすめします。

メーカー正規品の保証制度があるか

アイピルを注文したはずなのに違う商品が届いた、商品が破損しているなど、発送や配達途中でなんらかのトラブルが生じた場合、保証があればメーカー正規品をもう一度送ってもらうことができます。

詐欺を働くような悪質な業者なら、こういった保証制度は設けないでしょう。

きちんとした業者でかつ保証制度があれば、より安心して購入することができます。
アイピルを購入する際には、なるべく保証制度が整っているサイトを選ぶようにしましょう。

通販サイトの口コミをチェックする

サイトを利用した消費者が投稿した口コミは、良い判断材料です。
詐欺を働いている悪徳業者の場合は、何かしら悪い口コミがネットに投稿されている可能性があります。

サイト名や業者の名前などで検索し、口コミがないかチェックしてみると良いでしょう。

詐欺サイトの被害にあったらどうする?

アイピル通販サイトで被害にあったら

もしアイピルの通販サイトで詐欺にあってしまった場合は、どのような対応をすれば良いのでしょうか。

警察に被害届を出す

警察に被害届を出すことで司法の手で悪徳業者に処罰を与えることができます。

アイピルの購入にはそれほど大きなお金はかかりませんが、金額の大小にかかわらず被害届を出すことで他の人が被害を被るのを防ぐこともできます。

銀行に返金できるか確認

詐欺にあったと認められた場合、法律に基づいてお金を返金してもらえる可能性があります。
銀行は詐欺に使われた口座を凍結することができるため、これ以上被害を拡大させないためにも、銀行に相談することをお勧めします。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-アイピル通販・購入方法
-, , ,

Copyright© アイピル通販クリニック , 2017 AllRights Reserved.