アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

アイピル通販・購入方法

ピル購入と飲むタイミングを学ぶ

投稿日:2018年6月18日 更新日:

ピルの購入と飲むタイミング
女性なら、ピルについて知っておかなければいけません。現代の女性は、ピルでの避妊の大切さを知らないことが多く、結果として中絶を選ぶ人が増加傾向にあるからです。

その一因には日本の性教育が、女性主体の避妊というものをほとんど教えないことも関係しています。

背景には、ピルが浸透することで性やセックスに対する日本人女性の持つ考えが軽薄になるのではないかという懸念から、義務教育などで授業の一部に取り入れられていないという実情もあるといいます。

そしてピルを知っていても、日本国内ではそう簡単に手に入らないという現実もあるのです。

ピルが買えないことで、避妊に失敗して望んでいない妊娠をしてしまう、なんてことが起こらないためにも、ピルの購入と飲むタイミングを知って、いざという時のために備えましょう。

ピルの購入のタイミングとは

そもそもピルは本来、日本国内で買う場合は必ず処方箋が必要です。一般的に「ピル」と呼ばれているものは低用量ピルであることが多く、生理不順や生理痛の治療に用いられています。

もちろん服用のためには、風邪薬同様に事前に買って飲む必要があります。医師や医院にもよりますが、低用量ピルは処方箋があれば1~3ヵ月程度の服用分は処方してもらえる場合があります。

しかし緊急避妊が可能なアフターピルは、そう簡単ではありません。

アフターピルは病院で事前に買えない

ノーと書かれた紙
医師によってアフターピルが必要であると診断されてはじめて、アフターピルがその時の服用分のみ処方されます。

そのため必要になるたびに、病院へ足を運んでアフターピルを処方してもらわなければいけないので事前に購入することができません。

また低用量ピルと違って、全て自己負担となるので高額な費用がかかる場合もあります。なかにはアフターピルの処方自体をおこなっていないクリニックなどもあるので、病院へ行く前に確認することをおすすめします。

ピルは事前に買っておくべきもの

同じピルでも低用量ピルは事前に買えるにも関わらず、アフターピルは事前には買えません。しかし高い避妊効果を得るためには、なるべく早く服用することが大切なのです。

必要になってからでは、病院が休診日であったり診療時間外の場合は処方してもらえないので、すぐに服用できるようにするためには、事前にピルを購入して持っておくことが最も良い方法だといえます。

そのためには、ピルの通販サイトを利用することがおすすめです。海外の医薬品である避妊用のピルを個人輸入代行している通販サイトで買うことができます。

診察代や交通費がかからない上に、日本で避妊を目的に用いられているピルのジェネリック品が、安い価格で販売されているのでピル通販の方がお得に購入できるのです。

アイピルはその代表格とも言えるもので、病院で緊急避妊薬として処方されるノルレボのジェネリック医薬品です。高い効果と安全性を兼ね備えたアイピルが通販を利用することで比較的安い価格で購入できます。

ピルを飲むタイミングとは

いろいろな物と時計
ひとくくりにピルといっても、目的や種類が違えば飲むタイミングも異なります。そしてタイミングを間違えてしまえば、せっかく高い効果のあるピルを飲んでいたとしても最大限に効果が発揮されずに、避妊を失敗してしまう可能性もあるのです。

そんなことにならないためにも、それぞれのピルに適している飲むタイミングを知っておきましょう。

低用量ピル(常用ピル)は毎日決まった時間に飲む

生理不順や生理痛の治療に用いられる低用量ピルは、体内のホルモンバランスを保つことで効果を得られるので、毎日なるべく決まった時間に飲むことが大切です。

そして体内のホルモン量が保たれることで、妊娠後と同じ状態が作られるので排卵の抑制や受精卵の着床阻害、精子の膣内侵入阻害などの効果を得ることができます。

24時間程度であれば気付いた時点ですぐに飲んで、その後はいつも通り服用を続けることで避妊効果は持続されるのです。

ただ24時間以上の飲み忘れをした場合、効果が半減している可能性があるので避妊が成功する確率も低くなってしまいます。

低用量ピルが持つ高い避妊効果をしっかり得るためにも、用量を守ったうえで飲むタイミングを間違えないようにしましょう。

アフターピルは避妊失敗に気付いたらすぐに飲む

緊急避妊をおこなうことができるアフターピルは、避妊失敗に気付いた後すぐに飲むことで高い避妊効果を得られます。

制限時間としてセックス後72時間以内の服用が推奨されていて、時間が遅くなれば遅くなるほどに避妊成功率は低くなってしまうのです。

コンドームが破れたり、途中で外れた、低用量ピルを飲み忘れたなどの理由から望んでいない妊娠をする可能性がある場合に、最終手段としておこなえるのが緊急避妊であるアフターピルの服用といえます。

そのため、最大限の効果を得るためにもセックス後なるべく早く、アフターピルを飲むことが大切なのです。

今の日本人女性に足りないピルの知識

時計を手でおさえている女性
このように低用量ピルの服用によってほぼ確実な避妊ができたり、アフターピルの服用では緊急避妊ができます。

しかしそんなピルを知らなかったり、ピルの購入方法や飲むタイミングなどを知らない日本人女性が多いのです。

望んでいない妊娠をしてしまって中絶という道を選んでしまう女性が減っていくためにも、是非いざという時に備えてピルを知っておきましょう。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-アイピル通販・購入方法

Copyright© アイピル通販クリニック , 2018 AllRights Reserved.