アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

アイピルとは

ピルが生まれたきっかけとその歴史

投稿日:2017年6月16日 更新日:

ピルは、女性ホルモンが配合された薬のことで、服用することで人工的にホルモンを増やしてホルモンバランスを調整することができます。体内のエストロゲンやプロゲステロンを増やすことで、妊娠したと脳に勘違いさせる効果があるため、避妊薬としても使用されています。

また、避妊薬としてだけではなく、生理痛や子宮内膜症の改善、月経前症候群などの軽減など、さまざな婦人科系の疾患にも効果があります。

ピルの誕生

経口避妊薬の歴史は、1930年代半ばにアメリカで採取した山芋に、生理痛を和らげる物質が含まれているということが発見されたことがきっかけとなり、経口避妊薬として1960年にアメリカで認可されました。ピルは3人の学者が生まれるきっかけを作りました。

開発のきっかけとなったのは、1951年のアメリカで中絶で悩んでいる女性を救うために、女性が自ら避妊できるよう、精力的に活動していました受胎運動家のマーガレット・サンガー女史と科学者であるグレゴリー・グッドウィン・ピンカス博士とが出会ったことで、女性が主体となって行える避妊法の研究に乗り出し、ミン・チュエ・チャン博士、カトリック教徒のジョン・ロック氏とともに研究を行い、合成ホルモンによる避妊法を生み出しました。

歴史と改良

ピルの改良
グレゴリー・グッドウィン・ピンカス博士たちによって開発された当時のピルは、吐き気などの強い副作用が起こるという問題点があったため、その後改良が重なられ現在の形となりました。

日本では長い間、副作用が強く取り扱いも難しいという偏見もあり、なかなか一般的に浸透していませんが、世界的に見れば、女性が主体となって行える避妊法として、広く認知され使用されています。

日本では経口避妊薬としての承認が1999年、臨床実験にも長期間費やしたおかげで、アメリカに25年も遅れて使用されるようになりました。

初期の経口避妊薬は、中・高用量だったため強い吐き気や頭痛などの症状が現れ、血栓症などの副作用もありましたが、改良が進みエストロゲンの量を少なくする研究が進み、現在主流となっている低用量が開発されました。

開発のきっかけとなったマーガレット・サンガー女史は、貧民街で望まない妊娠のため、心身共に傷ついた女性たちを見たことや、自身も18回の妊娠と11回の出産を経験したこともあり、女性のために育児制限が必要という信念をもつようになりました。

ただ、悲しいことに、現在でも望まない妊娠によって、中絶手術を受ける女性の数は後を経ちません。
男性任せの避妊では不十分ですから、女性が主体となって避妊を行うことが、自身の体を守るためには大切です。

現在のかたち

経口避妊薬が開発された当初は、副作用が強く、女性の体にも負担の大きいものでしたが、現在は副作用の原因となるエストロゲンを、極力少なく配合することで、副作用を少なく抑えることができるようになっています。

ただ、もちろん100パーセント副作用を抑えることができるわけではなく、つわりに似た吐き気や嘔吐、食欲不振、腹痛、便秘、下腹部痛、頭痛などの副作用が現れることがありますから、事前にしっかりと知っておくことが大切です。

また、低用量は毎日1錠を飲み続けることで、確実に避妊効果を得ることができますが、飲み忘れてしまった後にコンドームが破けてしまったなど、避妊に失敗した場合には後から飲んでも避妊効果を得ることはできません。そういった場合に有効な方法が、アフターピル(緊急避妊薬)です。

緊急避妊薬は、避妊に失敗して妊娠の可能性がある時に、服用することで急激にホルモンバランスを崩して人工的に生理を引き起こして、子宮内膜を剥がして着床を防止する効果を得ることができます。

しかし、低用量とは異なり、体にかかる負担も大きく100パーセントの避妊効果を得ることはできませんから、あくまでも最終手段として使用することが大切です。

欧米で経口避妊薬が普及した理由

アメリカでのピルの普及
1960年にアメリカで初めて誕生した経口避妊薬ですが、高用量であったため、血栓症や胃腸障害などの副作用が起こるという歴史がありました。

このイメージが日本では根強く残っているため、一般的に広まりませんでしたが、アメリカでは1960年代に中用量が開発され、1973年には低用量が開発されたため、アメリカでは抵抗感がなく一般的に普及されるようになったという歴史があります。

日本では歴史が浅い経口避妊薬ですが、欧米ではコンドームとともに経口避妊薬は当たり前のように普及しています。日本とは違い、そもそも欧米諸国では女性の権利を認め、妊娠に対する考え方が異なるというのも、普及したきっかけの一つとなっています。日本では、経口避妊薬はあまり普及していません。

ただ、コンドームによる避妊は100パーセント妊娠を防止することはできません。そのため、望まない妊娠を防ぎ、女性自身が主体となって行える経口避妊薬は、積極手な避妊方法といえます。

避妊に失敗した後に服用する緊急避妊薬は、避妊の最終手段として有効な方法としてしっておきましょう。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-アイピルとは

Copyright© アイピル通販クリニック , 2017 AllRights Reserved.