アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

アイピルとは

アイピルと低用量ピルが持つ避妊効果って同じ?

投稿日:2017年5月12日 更新日:

低用量ピルとアフターピルって同じ避妊効果?
男女の愛のあるコミュニケーション。それはセックスです。お互いの気持ちを理解しながら心と身体の交わりを深めて、より深い情愛高めて行くこと。こんなに素晴らしい行為を大事にしたいと思うのは、女性の人であれば、誰もが願うことです。でも、そのためにはパートナーとなる彼の理解と協力も必要ですね。そして、いま子どもを望んでいないと言う場合には、きちんと避妊をすることに対してお互いに気をつけたいものです。

避妊ならばコンドームを使うことか多いと思いますが、中には彼が装着を嫌がりピルを利用している女性の人も結構いるかと思います。この時に使われるピルは低用量ピル。しかし最近、低用量ピルと比較されるようにアイピルという言葉を聞くようにりました。

アイピルと低用量ピルはどんな時に使うの?

避妊効果を目的として使うピル。 大きく種類を見てみると、低用量ピルとアフターピルがあります。それぞれは使うシーンが異なります。避妊効果の高さも異なるのですが、まず利用シーンを考えると、セックスの前に使うのが低用量ピルです。そして、後に飲むのがアフターピルと呼ばれていて、その中でも広く使われているのがアイピルです。低用量ピルとアイピルは飲むタイミングが異なるのですが、正しい服用方法をしてようやく避妊できる確率が高まることに違いはありません。

しかし低用量ピルの場合、セックスの前に飲むにしても、毎日服用する必要があります。しかしアイピルはセックス後の服用なのですが、これは避妊の前準備ができていなかったり、避妊そのものが失敗した時に利用する物なのです。普段からピルを使わずにいきなりセックスをしたり、ちゃんと避妊効果のあるコンドームを利用していたにもかかわらず、破けてしまった等の緊急措置的に使うのです。

避妊効果に違いはある?

低用量ピルとアイピルの避妊率の違い
この2つのピルの避妊効果には、違いがあります。低用量ピルの場合の避妊効果は高く、99%以上と言われています。しかし、アイピルの避妊率は、95%~75%程度と考えられています。しかも、服用するタイミングで大きく異なってくるのです。

アイピルの避妊率の変化とは?

このようにアイピルの避妊効果が大きく変わっていくのは、時間の経過と共に効果が低くなってしまうことです。このピルは、妊娠となる受精卵の着床する前に、生理を起こさせる効果をもたらします。そのことによって避妊できるのですが、服用するタイミングは24時間以内に飲むことが理想とされています。そうすると、避妊率は95%以上。最悪の場合でも、72時間以内の服用が明記されています。
このときになると、避妊率は、一気に下がってしまい、75%前後になると考えられています。このように、低用量ピルとは避妊の確率が異なるのです。

アイピルは、身体に負担のかかる薬

アフターピルは身体への大きな負担になる
このピルには、もう1つ注意しなければならないことがあります。それは、身体に大きな負荷をかけてしまうことです。半ば強制的に生理を起こすので身体への反動がかなり大きく、人によっては腹痛、めまい、吐き気を催す人もいます。
しかも、嘔吐することでアイピルを吐き出して、避妊効果を失ってしまうことさえあるのです。そんな時は飲み直しが必要になります。そのような意味では、低用量ピルを常に飲む習慣を付けていた方がいいのです。

正しい理解で使うこと

このようなことから避妊を考えるなら、低用量ピルを使うことを基本にしておいた方が身体への負担も軽いので安心です。ただ自分ひとりでどうにかしなきゃと考えるのではなく、彼の理解と協力を得てコンドームの利用をすることも必要でしょう。そうすれば、さらに避妊効果は高まります。セックスはお互いの気持ちを高めるものであって、決して一方的な思いや快楽のためだけにあっては、悲しいことです。

2人がいつまでも笑顔で良好な関係を保つためにも、ちゃんとした避妊を行うのが、大事だと思うのです。アイピルも、もしもの場合に力強い味方になってくれますが、身体への負担を考えると緊急避難的に使うことに限ることが、正しい使い方と言えるでしょう。ただ、低用量ピルの毎日の服用が手間だと感じる人は多いでしょう。
そして、いつもはコンドームで避妊して何か問題が起こればアイピルを飲もうと考えている人もいると思います。そんな人は、セックス後すぐ飲めて更に副作用で1度吐き出してしまっても対処できるように、事前に複数個を購入して持っておくと高い避妊効果を得られるでしょう。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-アイピルとは

Copyright© アイピル通販クリニック , 2018 AllRights Reserved.