アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

アイピルとは

ノルレボのジェネリック医薬品アイピルと特許との関係

投稿日:2017年5月30日 更新日:

アイピルは、緊急避妊薬であるノルレボのジェネリック医薬品です。性交渉で避妊に失敗してしまった時に、服用することで妊娠を阻止することができます。ジェネリック医薬品は、後発医薬品ともいい医薬品の有効成分に対する特許である物質特許が切れてしまった医薬品を、別の製薬会社が製造する医薬品のことをいいます。

ジェネリック医薬品は特許が切れた医薬品と同じ成分を用いていて、開発費用をかけることなく作ることができるため低価格での販売が可能になるというメリットがあります。

緊急避妊薬のアイピルとは

アイピルを説明する看護師
避妊の方法としてコンドームや低用量ピルなどがありますが、性交渉中にコンドームが破れてしまったり、途中ではずれてしまった。低用量ピルを飲み忘れてしまったなどの理由で、避妊に失敗してしまう場合があります。こういった場合、女性は次に生理がくるのを不安な気持ちを抱えたまま待つしかありません。こういったときに有効な方法が、緊急避妊薬です。

性交渉後、72時間以内に服用すれば避妊効果が期待でき、24時間以内に服用すれば95%の確率で望まない妊娠を阻止することができます。時間が経過すればするほど妊娠を回避できる確率が下がってしまいますから、できるだけ早く服用することが大切です。

ノルレボのジェネリック医薬品

アイピルは、緊急避妊薬として発売されていたノルレボの後発医薬品で、ノルレボと同じレボノルゲストレルを主成分としています。そのためノルレボと同じ効果を得ることができ、費用も抑えることができます。レボノルゲストレルは世界保健機構の必須薬に指定されている成分で、国際的にも標準的な緊急避妊方法として位置づけられているものです。

緊急避妊薬とは

緊急避妊薬はアフターピルとも呼ばれるもので、その名前の通り性行為後に飲むピルのことをいいます。アイピルに含まれているプロゲステロンが体内に吸収されることで、人工的に体内でプロゲステロンが分泌されている状態を作り出します。そのため、排卵を抑え、人工的に生理を引き起こすことで、妊娠を防ぐことができます。

ただ、緊急避妊薬を服用したからといっても、100%妊娠を阻止することができるわけではありません。12時間以内に服用した場合には妊娠の確率が約0.5%、24時間を経過した場合は約1.5%と3倍以上になってしまいます。

また、含まれている女性ホルモン量が多いため、体にも負担が大きく副作用が現れるケースも多いのであくまでも緊急時に服用するということが大切です。

ジェネリック医薬品と特許との関係

アイピルと特許の関係
医師に処方してもらう薬には、新薬と新薬と同じ有効成分を配合した後発医薬品があります。新薬は先発医薬品とも呼ばれ、十数年以上の長い期間をかけて研究し開発された薬で、発売されるまでには莫大な費用がかかっています。そのため特許を出願してから20~25年間は、独占的に開発した製薬会社が製造・販売することができるようになっています。

この期間が終了すると、ほかの製薬会社も同じ有効成分の薬を製造・販売することができるようになり、後発医薬品として販売されています。後発医薬品は研究開発にかかる時間も費用も抑えることができるため、先発医薬品の2~7割の価格設定となっています。
ただ同じ有効成分であっても、後発医薬品の中には製造法や添加物などが先発医薬品と異なるものや、味や形状が異なるものなどもあるため、ほとんど先発医薬品と同じ薬と考えるとよいでしょう。

後発医薬品のメリットとデメリット

ジェネリック医薬品のメリットとデメリット
後発医薬品のメリットは、なんといってもその価格の安さにあります。ほとんど同じ効果が得られる上に、価格を抑えることができるため、特に長期間薬を服用しないといけない人などには、大変メリットがあるといえます。

ただ先発医薬品と100%同じ成分、製法で作られているわけではありませんから、薬の溶け出す速度が違ったり形状が変わる場合があります。効果・効能についてはバラつきがあり格差は最大で40%とも言われていますから、服用したからといって効果がないというケースも存在します。そのため後発医薬品を服用する際には、事前に理解しておくことが大事です。

アイピルは緊急避妊薬のノルレボの後発医薬品で、ノルレボと同じ主成分でできた薬ですから安心して服用することができます。またノルレボが薬代だけでも1回15,000円程度かかるのに対して、通販で買うことが出来るアイピルは2,000円程度の費用に抑えることができますから、メリットが大きいといえます。
コンドームをしていても途中で破れてしまったり、ゴムだけ膣内に残ってしまった、性犯罪に巻き込まれてしまった、という妊娠を阻止したい場合に、服用することで避妊効果を得ることができます。

これらの理由から、数々あるアフターピルの中でもアイピルは信頼性が高くて、手に入れやすい価格であることが分かります。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-アイピルとは

Copyright© アイピル通販クリニック , 2017 AllRights Reserved.