アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

アイピルとは

緊急避妊薬アイピルが女性のお守りと言われる理由とは?

投稿日:2017年3月15日 更新日:

全国では年間約20万件を越える人工中絶が行われています。もし、望まない妊娠をしてしまった時、傷付くのは女性の心と身体です。男性と身体の関係があるならば、妊娠や中絶は決して他人ごとではありません。いつ自分の身にこうした問題が降りかかるとも分からないのです。そんな女性にとってお守りの様な存在となっているのが、緊急避妊薬アイピルの存在です。何故いま、緊急避妊薬アイピルが女性のお守りとして心の拠り所になっているのでしょうか。

100%の避妊は難しい…そんな不安もアイピルなら解消出来る

例えコンドームを使っても、その避妊率は100%ではありません。また避妊薬としてのピルは、全ての女性が服用出来る訳ではありませんし、体質に合わずニキビが出来たり太ってしまう事もあります。そのため避妊薬としてピルの継続服用を諦めてしまう女性も少なくないのです。コンドームにしろ低用量ピルの服用にしろ、誰にでも出来る一般的な方法で確実に避妊をする事は難しいと言わざるを得ません。

そんな中で、もし避妊に失敗をしてしまったら…そして実際に避妊に失敗をしてしまった時に助けてくれるのが緊急避妊に使われるアフターピル、アイピルなのです。事前に妊娠をしない様に防ぐコンドームなどの避妊方法と違って、アフターピルとも言われる緊急避妊薬アイピルは避妊に失敗してからでも効果を発揮してくれます。確実に避妊する事の難しい中で万が一の時に女性が頼れるアイテムがアイピルなのです。だからお守りとして持っている事で、女性は安心する事が出来るんですね。

従来の緊急避妊方法より効果は高く副作用は少ない!そこがアイピルのメリット

床に置かれた時計
従来、緊急避妊方法としては中用量ピルをアフターピルとして2回に分けて服用するヤッペ法がとられていました。72時間以内ならヤッペ法の成功率は約75%、吐き気などの副作用は約50%とされています。特に副作用が高いため、ヤッペ法は敬遠されてきました。

それに比べてアイピルは、24時間以内なら約95%、72時間以内でも約85%という高い確率で妊娠を阻止する事が出来ます。しかも、吐き気などの副作用もヤッペ法の半分以下である約23%にまで減少するのです。だから緊急避妊方法の中でもアイピルは、女性にとってよりヤッペ法よりも心強い味方になってくれるんですね。効果が高く副作用が下がるなら、アイピルを選ばない理由がありません。

1回1錠のみでOKだから飲み忘れの心配がない

従来の緊急避妊方法であるヤッペ法では、1回目の服用から12時間後に2回目の服用をしなければいけませんでした。12時間と時間が厳格に決まっている事から、1回目の服用時間によっては夜中や朝方に起きて飲まなければいけないというデメリットがあります。また、飲み忘れといった心配もありました。

しかしアイピルは1回1錠だけで良いので、飲み忘れといった心配や手間もかかりません。日中に仕事をしていて時間通りに薬を飲めない女性にも適しています。この様にアイピルは飲み方も簡単で、安心感があるアフターピルだと言えるのです。

緊急避妊用ピル:レルノボのジェネリックだから安心

医師が持つ錠剤
いくら妊娠阻止率が高くても、身体に入れるものだから訳の分からないアフターピルには不安感を覚えてしまうでしょう。アイピルは、緊急避妊用のピルとして国内で認可されているレルノボ錠のジェネリック薬品です。

レルノボは病院でもアフターピル専用として最も処方されている薬になります。だからレルノボのジェネリック品であるアイピルもアフターピルとして信頼性は高いと言えるでしょう。身体の負担や副作用も少ないので、女性も安心して服用する事が出来るのです。

レルノボと効果は同じでも価格が安い

正しく服用すれば、妊娠阻止率が非常に高いレルノボと同じ効果を発揮してくれるアイピル。効果は同様に高くてもジェネリック薬品のため、その価格はレルノボよりもずっと安価に設定されています。レルノボを病院で処方してもらうと、高いクリニックでは1錠で15000円程度する事も珍しくありません。

お守りとして持っているには、少々お値段が高いのがレルノボのネックだと言えます。アイピルは、こうしたレルノボのデメリットが改善された手に入れやすいアフターピルです。お守りとして持っておくなら、価格面でもアイピルはメリットがありますね。

だからアイピルは女性のお守り

安心するイメージ
服用方法が1回1錠のみと簡単で副作用の少ないアイピルはアフターピルの中でも信頼性と妊娠阻止率の高い製品です。性交後72時間以内の服用で効果があると言われているアイピル。ですがアイピルは失敗したと思われる性交後、服用が早ければ早いほど妊娠阻止率が高くなります。そのため避妊に失敗してからピルを手に入れるよりも、お守り代わりとして持っていればそれだけ万が一の際の妊娠阻止率を高める事が出来ますね。

妊娠を望まないのならしっかりと避妊をするのは当然の事です。しかし、それでも防ぎきれない避妊の失敗というリスクから、お守りとしてアイピルは女性の身体を守ってくれるでしょう。そしてお守りとして持っていればもしかしたら…という不安かや精神的なストレスからも解放されます。こうした様々な理由からアフターピルのアイピルは、女性のお守りと言われているのですね。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-アイピルとは
-,

Copyright© アイピル通販クリニック , 2018 AllRights Reserved.