アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

アイピルの副作用・リスク

ピルとの飲み合わせに注意が必要なもの

投稿日:2017年11月2日 更新日:

予想外の妊娠を避ける為に女性が必要とする、低用量ピルやアフターピル。これらは薬である以上、飲み合わせに注意が必要なものがあります。

基本的には市販の風邪薬や痛み止め、酔い止めの薬などとは服用しても問題無いので、特にアフターピル(アイピル)の副作用などが辛い時には併用しても大丈夫です。

ただ、薬物の相互作用があらわれる組み合わせがあります。誤って、薬物相互作用を起こしてしまうとせっかくの効果を弱めることにつながります。

また、逆に作用を強くしてしまうことで副作用が強くあらわれてしまうことにつながります。それは、本来の作用以上に負担がかかるということです。

そうならない為にも、ピルは飲み合わせに注意が必要なのです。

ピルの効果や副作用に影響のある飲み合わせ

ピルと一緒に飲むことで効果や副作用に影響を及ぼすものを知る
低用量ピルの場合は日常的に服用しなければいけないので、その中で風邪をひいたり体調を崩したりした時には、風邪薬や胃腸薬などの市販薬は服用できます。

しかし、サプリのセントジョーンズワートなどはピルの効果を半減させてしまうと言われているので、注意が必要です。

また市販薬の中でもある成分が含まれている薬には、注意が必要になります。ピルの効果や副作用に影響を及ぼす可能性がある飲み合わせについて知り、安全に服用しましょう。

市販の薬はピルと飲み合わせしても問題ない?

低用量ピルやアフターピル(アイピル)は酔い止めや風邪薬、便秘薬などの市販薬とは併用してもお互いに効果や副作用に影響は出ません。

その中でも注意が必要なのが、アセトアミノフェンという解熱鎮痛剤に多く含まれる成分です。

実は、この成分は風邪薬や痛み止めなどにも含まれています。その為、薬物相互作用によって効果が半減したり副作用が強くなったりしてしまう可能性があります。

そんな心配を避けるために、アセトアミノフェン以外の鎮痛成分が用いられているイブやロキソニンといった鎮痛薬を服用するようにしましょう。

ピルと飲み合わせしてはいけないサプリ

ピルと一緒に飲まない方が良いサプリがある
さまざまな栄養素を持つサプリにも、ピルとの飲み合わせが良くないものはあります。

代表的なものには、セントジョーンズワートというハーブティーなどにも含まれている成分があります。

気持ちを落ち着かせてくれる働きがあることから、抗うつ作用があるとも言われていてピル以外にも多くの薬とも併用は控えた方が良い成分です。

そのほか、バストアップサプリやチェストベリー、大豆イソフラボンなどが含まれている健康補助食品は女性ホルモンに関連している効果を持ちます。

万が一過剰摂取などをしてしまえば、ピルの効果にも影響が出てしまうので併用はしないよう注意しましょう。

他にピルの効果や副作用に影響する食べ物

低用量ピルやアフターピル(アイピル)は、人工的に妊娠を防ぐ成分を体内に摂取することで避妊効果を発揮するものです。

そのため、栄養素を含む食べ物などにもピルの効果や副作用に影響してしまうものがあります。

それは、グレープフルーツなどのビタミンCが豊富な食べ物と豆乳やザクロなどの女性ホルモンに似た働きをする栄養素を含む食べ物です。

ビタミンCは、ピルの作用を高める可能性があると言われているので、その働きによって副作用が強くなってしまう恐れがあります。

このことから、ピルを飲む前後にはビタミンCを多く含むグレープフルーツなどを摂取するのは控えるようにしましょう。

豆乳やザクロは女性ホルモンに似た働きをする成分を含んでいるので、過剰摂取は避けるようにしましょう。

ただ、意識して多く摂取しようと思わない限り、ピルの作用に影響を及ぼすほどの量の摂取は難しいので普段から特に意識をしていない人は、これまで通りでも問題ありません。

勝手な判断でピルを飲んではいけない人たち

そもそもピルを飲んだら危険な人もいる
高い避妊効果を得られるピルですが、ホルモンバランスを人工的にコントロールしたり急激に変化させたりするので、副作用の症状はさまざまです。

いろいろある中でも、特に注意が必要なのが血栓症です。これは血栓が出来やすくなるので、血栓が出来て脳や心臓で詰まってしまえば、血管に負担がかかる上に血流を妨げることになります。

すると、脳梗塞や心筋梗塞などにつながってしまう危険性もあるのです。その為、低用量ピルの常用をしているのであれば定期的な検診を受けたり、アフターピルを利用しているのであればどうしても必要な時に限り使用して、使う頻度を少なくしましょう。

なかには血栓症を引き起こしやすい人もいます。

妊娠中・糖尿病や肥満の人・高血圧・35歳以上でヘビースモーカーの人

これらに当てはまる人や気になる持病を持っている人、何か薬を服用している人は血栓症をさらに引き起こしやすくなったり、病状を悪化もしくは薬の効果を半減・副作用を増幅させてしまう可能性があるので、必ず医師への相談をした上で服用を検討しましょう。

アイピルを飲む時も飲み合わせには注意しましょう

コンドームが破れた、外れたなどの他に低用量ピルの飲み忘れで避妊失敗してしまった時に、使用できるアフターピルとして人気のアイピル

この避妊薬も同じように飲み合わせは、注意しなければいけません。病院処方で買うことができるノルレボのジェネリック医薬品なので信頼性は高いですが、飲み合わせについての注意点は低用量ピルにもアイピル(アフターピル)にも共通して言えることです。

こうした注意点を無視して、自己判断でアイピルを飲んでしまうと、副作用だけが強くなって避妊効果を得られなかったりします。

また、それだけでなく悪化した副作用が重大な疾患につながりかねません。低用量ピルであってもアイピル(アフターピル)であっても薬であることに変わりは無いので飲み合わせには注意しましょう。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-アイピルの副作用・リスク

Copyright© アイピル通販クリニック , 2017 AllRights Reserved.