アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

アイピルの副作用・リスク

アイピルは危険なの?アイピルの副作用と対応方法を勉強しよう!

投稿日:2017年3月7日 更新日:

どんな薬にも副作用と言うものが存在します。それは、緊急時の避妊薬として使用するアイピルにも、もちろん存在します。
アイピルには、体内のホルモンを変化させ子宮内膜をはがす事で、避妊効果を得る事ができるものになっています。その為、ホルモンの変化によって体が反応し結果、副作用として様々な症状が現れてくると言う事になります。

もちろん副作用の場合、誰でも起こると言う事ではありません。また、人によっては副作用が出る時と出ない時と言った感じの場合もあります。そのような事から、緊急に使用する事になるアイピルの場合、使用前に十分に副作用について確認し、その上で、対処方法も知っておく事が大切なのです。

アイピル服用による副作用:吐き気

アイピルの副作用として多いのが吐き気だと言われています。中には実際に吐いてしまう人もいると言うほど、強い吐き気に襲われる事もあります。また、アイピルの場合、飲んだ後3時間以内に吐いてしまうと、もう一度飲まないといけないとされています。その為、吐く事が心配な場合は食事の後に飲んだり、アイピルと同時に吐き気止めを飲むと言った工夫が必要です。
また、吐き気が長期に渡る場合は、危険な場合も考えられる為、必ず医師に相談する必要があります。

アイピル服用による副作用:不正出血

不正出血のイメージ
アイピルの副作用として不正出血が起こる事も少なくありません。不正出血と聞くと危険な副作用ではないかと心配になるかと知れませんが、多くの場合アイピルの副作用として起こる不正出血は危険なものではなく、アイピルの効果によるものであるため心配は必要ありません。
不正出血には個人差があり服用後2、3日で起こる人もいれば、3週間ほど経って起こる人もいます。その為、不正出血があったからと言ってすぐに危険性があると慌てることなく、少し様子を見てから判断する事が必要です。

不正出血の3つの原因
不正出血!?アイピルを飲んだら起こる3つの原因

今、病院を受診しなくても手に入る緊急避妊用のピルが存在します。それはネット購入が可能なアイピルです。アイピルを初めて服用する人に知っておいて欲しいのが、服用後に起きる3つの不正出血です。 不正出血とい ...

続きを見る

アイピル服用による副作用:頭痛・腹痛・倦怠感・胸部の違和感

頭痛・腹痛・倦怠感・胸部の違和感などといった症状も起こりやすいアイピルの副作用。これらにおいても危険性が高いと言う場合は少なく、様子をみれば大丈夫かと思います。
ほとんどの場合、2~3日程度で症状は緩和されています。それでも耐えきれないほどの痛みなどが起こった場合は、迷わず医師に相談する必要があります。

アイピル服用による危険性が高い副作用とは?

頭を抑える女性
腹痛や不正出血などのような副作用の場合、ほとんど危険性などなく心配する必要はないかと思われます。しかし、中には危険性が高い副作用もある為、その点には十分な注意が必要です。
まず肝障害のある人、心疾患・腎疾患また既往歴のある人の場合、アイピルを使用する際は十分な注意が必要です。これらの症状がある人がアイピルを使用すると副作用として、症状を悪化させてしまう危険性が高くなっています。その為、使用する際は医師に相談し、その上で使用する方が安心です。

その他、アイピルの副作用として危険なものと言われているのが血栓症です。血栓症を起こす事で血管が詰まり、脳梗塞などを起こす危険性が高くなってしまいます。この血栓症を防ぐためには、喫煙者は使用しない事。特に35歳以上で1日の喫煙量が15本を超えるような人の場合、アイピルを飲む事で、血栓症を起こす可能性が非常に高くなってしまう為、そのような人の場合、副作用の危険性を考え、使用を控えるか医師の相談し使用する必要があります。

アイピル服用による副作用として不妊症や後遺症が起こる可能性は?

アイピルの副作用の場合、不妊症や後遺症が起こる可能性は0と言う事になっています。その為、かなり安全な薬になっていると言えます。
また、吐き気や腹痛などの副作用の場合も、基本的に24時間以内に治まると言われており、少し我慢すればすぐに日常生活に戻る事ができるようになってきます。
アイピルの副作用が怖いと言う事で使用を避ける人もいるかも知れませんが、健康的な女性が使用した場合、危険な副作用はほぼないと言える薬になっています。

まとめ

懐中時計
一言で言えば、アイピルは使用方法を守って使用すれば、副作用などの危険性は、ほとんどないと言える安全な薬です。もちろん、吐き気や腹痛などの副作用は存在します。しかし、これらの副作用の場合心配する必要がない上に、我慢できないほどの痛みなどを感じる人も少ないと言われています。また、24時間以内に治まる事を考えれば、さほど気にする必要のない副作用になっていると思います。

そんな副作用を気にして、結果、望まない妊娠をしてしまう事を考えれば副作用など気にせず、少しでも早く飲む方が体にとって良いと言えると思います。
しかし、いくら副作用の心配が少ないからと言って、毎回使用すると言った事は絶対に避けなければいけません。アイピルを飲む事で体に大きな負担をかけていると言う事に違いがない為です。その為、あくまでも緊急避妊薬として使用する事をお勧めします。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-アイピルの副作用・リスク
-,

Copyright© アイピル通販クリニック , 2017 AllRights Reserved.