アイピル通販クリニック

緊急避妊薬(アフターピル)であるアイピルの正規品・ジェネリック個人輸入代行サイト

アイピルの副作用・リスク

アイピルをすぐ吐き出してしまった!?副作用で困ったこと

投稿日:2017年6月5日 更新日:

アフターピルの副作用の対処法
市販の薬などでも、副作用に悩まされたことがある人も少なくないでしょう。アイピルは通常の薬に比べて、気分や体調に影響を及ぼしやすいホルモンバランスを急激に変化させるので、それがさまざまな症状となってあらわれる場合があります。
いろいろある副作用の中でも特によくある、吐き気を起こした時は耐えるしかないのか、もし薬を吐き出してしまった場合はどうすればいいのか、などを紹介していきます。

また、吐き気を引き起こしてしまう仕組みや副作用があらわれた時、それはいつまで続くのかなど事前に知っておくことで実際になってしまった時に慌てずにいることも大切です。ただ、我慢をすることだけは身体の異常を見逃してしまうことにもなりかねないので注意も必要です。

アイピルを飲んだ後に吐き気を起こす原因

アイピルというのは、他にもあるアフターピルと比べれば、副作用にかかりにくいとされるアフターピルなので、比較的安心して飲めるものです。しかし、普段からアフターピルを常飲しているという人は少ないですから、体が何かしらの拒否反応を起こしてしまうものです。

そこで最も多いのが、吐き気を感じてしまうということです。それでは、どうして吐き気を催するのかというと、アフターピルはホルモンの働きを変えることになります。その一時的にホルモンバランスが崩れて起こりやすいのが、吐き気なのです。

また、エストロゲン(卵胞ホルモン)の濃度が高くなることによって、嘔吐中枢を刺激してしまいます。アイピルは、このエストロゲンの量も比較的少ないのですが、その量でも反応してしまうことがあります。そうすると、吐き気を催してしまうという傾向にあります。
さらに、これが初めての服用であれば、どんな変化があるのかわからないですから、それでナーバスになってしまい、それで吐き気を催してしまうなんてパターンもあります。

この吐き気はいつまで続くのか

いつまで続くのか不安なイメージ
気になるのは、この副作用である吐き気がいつまで続くのかということです。吐き気を感じている時というのは、もう1分であっても一生のような時間の長さに感じてしまいますよね。大体、この長さというのは、1日から2日続くと言われていますが、多くの人は、1日で終わることが多いです。

2日目になっても多少その吐き気が続くということがありますが、1日目よりは軽いものとなっています。しかも、副作用は吐き気だけではなく、他の症状があらわれる場合もあります。
そうなってくると、かなり気持ち的にしんどいと思ってしまうので、できればですが、アイピルなどのアフターピルを飲むのは仕事がない日、もしくは、有給をとれるなら取って、副作用に備えておいた方が良いでしょう。

アフターピル服用後、嘔吐した!?

アフターピルを服用した直後に、あまりにも気持ち悪くて、それが吸収される前に吐いてしまうこともあります。もしそうなってしまえば、あなたが求めている避妊効果は無いに等しいです。ですので、アイピルをもう一度飲む必要があります。
ただし、最初にアイピルを服用した時間から3時間経ってからアイピルをはいてしまったという場合、これは、お腹の中で既にアイピルが消化されていますから、2粒目を服用する必要はありません。

そして、アイピルを服用して3時間以内である場合、最初に言ったように、アイピルがまだ効果を表していないことになりますから、2粒目を飲む必要があります。そこで、2度目も吐いてしまった場合のアイピルの服用は、絶対に医師や専門家に聞いてからにしてください。自己判断で3度目のアイピルを服用してしまったら、体に異常が出る恐れもありますので、気をつけましょう。

吐き出さない為にできること

吐き出さない為に出来ること
そんな副作用で吐き気を起こさないため、もしくは、吐き気の症状を軽減できる対処として、まずはアイピル服用前に吐き気止めを服用するようしましょう。それは薬局などで買える市販のもので問題ありません。また空腹の時ではなく、食後にアイピルは服用するようにしてください。アイピルを吐き出してしまった時のために、すぐにまた飲めるように予備を持っておくことも必要です。

他にはどんな副作用があるのか

吐き気は1番多いアイピルでの副作用かもしれません。ですが、それ以外にも副作用があります。例えば、どんなことかというと、これも多いのですが、頭痛です。

キーンとくるような痛みではなく、鈍痛的な痛みで、吐き気とこれが一緒になってしまうと、例えば、それが仕事中であれば、もうその場に居ても立っても居られないないような状態になってしまいます。頭痛と並行して、めまいのようなものを感じる人もいるので、あまり動かないようにすることがベストかもしれません。

またアイピルだけでなく、アフターピルというのはホルモンバランスを崩すことで生理を早めます。通常はアイピル服用後、数日後に大体生理が来るようになっています。そのため、生理前の痛み(鈍い腹痛です)を伴うことがあります。

アイピルを今まさに利用していて、こんな症状になっているという方、副作用を伴うことについては、心配はありません。こんな風な症状であれば通常通りに機能していると思ってよいのですが、もし、あまりにも痛みが続いたりした場合は、病院に行って相談するようにしましょう。

女性のお守りアフターピル人気ランキング

緊急避妊薬(アフターピル)は医薬品・ジェネリック医薬品として世界中で利用されているものが数種類あります。

ここでは、その中でも人気のアフターピルを3つ紹介していきます。

アイピル

緊急避妊薬アイピル

アイピルは、日本の病院で処方される緊急避妊薬(アフターピル)であるノルレボ錠のジェネリック医療品となります。

アイピルの製造元はインドの中でも非常に有名な製薬会社の一つであるシプラ社が開発をしたものです。安全性・信頼性・薬自体の品質どれをとっても問題ない信頼をおける製薬会社となりますので、ご安心してアイピルをご使用して頂けます。

最近では若い女性に大変人気の緊急避妊薬(アフターピル)となります。

マドンナ

緊急避妊薬マドンナ

マドンナの製造と販売を行っているのはタイにある製薬会社Biopharm Chemicals社が行っており、タイでは非常に有名な製薬会社で薬の品質・安全性においても高いものになります。

マドンナはノルレボ錠のジェネリック医薬品となり、ノルレボ錠と同じレボノルゲストレルを主成分としています。

日本ではあまり知られていないマドンナですが海外では利用者も多く人気のアフターピルとなっています。

アンウォンテッド72

緊急避妊薬アンウォンテッド72

アンウォンテッド72とは、印医薬品メーカーのマンカインド・ファーマが開発しました。

アンウォンテッド72は、フランスで開発され日本ではあすか製薬より発売されている「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

こちらも世界中で使用をされているもので、品質・安全性においても高いものになります。

-アイピルの副作用・リスク

Copyright© アイピル通販クリニック , 2017 AllRights Reserved.